NHK「超絶 凄ワザ!」で特集 ~スケートボード用軸受~

NHK「超絶 凄ワザ!」で特集
~スケートボード用軸受~

  • 導入先スケート用軸受販売会社 JM
    ブランド名:NINJA ※『NINJA』は株式会社ジェイエムの登録商標です。
  • 対象製品スケートボード
  • お客様の課題

    • スピード
      (早く回る。なめらかに回る。スピードが落ちない)
    • 耐久性(丈夫)
    • 乗り心地が良い
    • スケートボード選手にとって重要な上記課題を両立させたベアリングの開発
  • 解決と効果

    • ボールにセラミックの玉を使用
      (鉄の約2倍硬く、変形しにくい)
    • 真球度の高い高精度のセラミック玉を採用
    • 内輪・外輪とボールが接触する部分の面積を軽減
    • 保持器と軌道輪に特殊表面処理
    • 潤滑油の最適化

Achievement

  • スピードと耐久性を見事に両立
  • 選手でもついていけなくなるほどの、異次元のスピードを実現
  • 使用後の凹みもほとんどなく、耐久性も実現
  • 高難易度の「バックサイドヒールフリップインディー」を成功

Voice

  • ジャンプの後、着地したときの加速のスピードが速い
  • 思った以上にスピードと高さが出たので、非常に難しい「バックサイドヒールフリップインディー」という技を成功させることができた。
  • 今ままでよりもパーク内を早く滑ることが出来て大変調子がいい

Koyo Voice

スケートボード用のベアリングに求められるのは、「軽く回ること」と「選手の感性やフィーリング」で、そのフィーリングの部分をベアリングに落とし込むのが難しかった。

軸受の低トルク化によって、「スピードが出る」「高く飛べる」「技が決まりやすい」に貢献できるベアリングの開発に成功しました。

(産業機器技術部 グループ長 阪本康裕)

Product

【スケートボード用】セラミック玉軸受

【スケートボード用】

セラミック玉軸受

1)内部設計の最適化を行い、転がり抵抗を低減
2)高精度セラミック玉の採用により、より真球度を向上し、表面粗さを低減
3)内外輪と保持器には特殊な表面処理を施した。
・内外輪に高硬度の表面処理にすることで耐焼付性と耐圧痕性を向上
・保持器に表面処理をすることで保持器と玉間のすべり摩擦を低減
4)軸受精度はABEC7(JIS 4級相当)を適用

お問い合わせはこちら

  • お電話でのお問い合わせお電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ

※1,※2 ハイアビリー、EXSEVはジェイテクトの登録商標です。

お問い合わせはこちらから