スラスト玉軸受 - スラストボールベアリング

軌道溝を持った座金状の軌道盤と玉・保持器組立品とから構成されたベアリングです。
軸に取付ける軌道盤を軸軌道盤(又はシャフトワッシャ)と呼び、ハウジングに取付ける軌道盤をハウジング軌道盤(又はハウジングワッシャ)と呼びます。

スラスト玉軸受の種類

複式軸受では中央の軌道盤(中央軌道盤)を軸に取付けて使用します。単式スラスト軸受は一方向のアキシアル荷重を負荷し、複式スラスト軸受は両方向のアキシアル荷重を負荷することができます。

ただし、いずれもラジアル荷重の負荷能力はほとんど無く、高速回転にも適しません。ハウジング軌道盤の取付け座が球面になった軸受(調心座形又は調心座金付き)は、その調心性により取付け誤差などの影響を軽減することができます。

単式スラスト玉軸受

一方向のアキシアル荷重を負荷することができるベアリングです。
ただしラジアル荷重の負荷能力はありません。

複式スラスト玉軸受

両方向のアキシアル荷重を負荷することができるベアリングです。
単式同様ラジアル荷重の負荷能力はありません。

適用保持器・用途・分野について

主な適用保持器

打抜き保持器、銅合金又はフェノール樹脂もみ抜き保持器、合成樹脂成形保持器

主な用途

自動車キングピン、工作機械主軸など。

ベアリングの仕様

主要寸法

JIS B 1512に準じている。

必要最小アキシアル荷重

許容傾き角

傾きは許容できない。(平面座形の場合)。

等価アキシアル荷重

動等価ラジアル荷重
静等価ラジアル荷重

寸法表・技術計算ツール・CAD図ダウンロード

ベアリングの寸法から製品を絞込み、技術計算ツールやCAD図のダウンロードをご利用いただけます。

お問い合わせはこちらから