よくあるご質問

全てのカテゴリ

ベアリングの商品外箱の型番にある「******** FA」という記載は何を意味していますか?

FAの記号は、軸受の呼び番号構成の補助記号(保持器材料・形状記号)で、強化フッ素樹脂材(ETFE+チタン酸カリウムウィスカー)を用いた保持器が使われている軸受です。固体潤滑となります。

>> EXSEV軸受・セラミック軸受(カタログPDFダウンロード)

>> 軸受総合カタログ(カタログPDFダウンロード)

通常グリースのベアリングと真空対応のベアリング(真空グリス、固体潤滑)とでは、寸法表の基本定格荷重や許容ラジアル荷重など荷重表記が違うのですが、なぜ真空用のものは耐荷重性が下がるのでしょうか?

真空用の軸受材料は、軸受鋼(SUJ2)とは異なり、ステンレス鋼(SUS 440C他)を使用している為、基本定格荷重値が一般的な軸受鋼のものと異なり低い数値になっているものがあります。

また、固体潤滑剤の場合には、一般に基本動定格荷重の5%以下といった比較的軽荷重のもとで使用されます。

>> EXSEV軸受・セラミック軸受(カタログPDFダウンロード)

セラミック軸受の保持器材質をフッ素樹脂からステンレス材に変更することは可能ですか?

対応可能です。
型番の末尾に記載の補助記号(保持器材料・形状記号)をFA(フッ素樹脂)からYS(オーステナイト系ステンレス鋼)に変更していただければ指定が可能です。

ジェイテクトのベアリングはどこで購入が可能ですか?

お近くの販売代理店を、以下の販売代理店ネットワークのページよりご確認ください。

>> 販売代理店ネットワーク

高真空(真空度10-5Pa)、高磁場環境での軸受使用を検討しています。 但し、PTFEなどフッ素系の材料を使用したくないため、保持器をPEEKとした ベアリングを探していますが、取扱いはありますか?

特殊環境ベアリング(EXSEV軸受)シリーズのPNベアリングは、保持器にPEEK材を使用しています。

>> EXSEV軸受・セラミック軸受(カタログPDFダウンロード)

>> 工作機械用精密転がり軸受(カタログPDFダウンロード)

使用条件にマッチする製品が見つかりません。条件に合わせたものの試作は可能ですか?

下記お問い合わせフォームから使用条件をご連絡ください。推奨仕様の提案・試作品の対応可否を検討して回答いたします。

>> EXSEV軸受・セラミック軸受(カタログPDFダウンロード)

>> お問い合わせはこちらから

HI-CAPやHCとはどんな仕様でしょうか?また標準品との違いはありますか?

HI-CAP(HC)は、円すいころ軸受の呼び番号の接頭記号で、High Capacity Bearing(HC軸受)になります。

軸受内外輪の軌道輪材質が標準仕様(軸受鋼)とは異なる材料(浸炭軸受用鋼(はだ焼き鋼))を使用しています。

>> 軸受総合カタログ(カタログPDFダウンロード)

HI-CAPやHCに違いはありますか?

HI-CAPとHCは表記のみの違いで、同じ意味になります。

探している型番が、カタログに載っていません。

ジェイテクトの代表的な型番(呼び番号)をカタログに記載しておりますのでご参照ください。

>> 軸受総合カタログ(カタログPDFダウンロード)

カタログからも見つからない場合は、お手数ですが下記お問い合わせフォームから製品詳細を記入の上、お問い合わせいただけますでしょうか。

>> お問い合わせはこちらから

「3NC6002ZZMD4 FA」と「3NC6002ZZMD4PR FA」の違いを教えてください。

「3NC6002ZZMD4 FA」は標準品です。
PRの記号は、固体潤滑剤 クリーンプロコーティングを意味します。

MD4の記号は、耐食性に優れた析出硬化系ステンレス鋼(SUS630)を使用した耐食組合せセラミック軸受にクリーンプロコーティングした特別仕様軸受です。

>> EXSEV軸受・セラミック軸受(カタログPDFダウンロード)

特殊環境用セラミック製ベアリングのうち、内径が150mm程度の転がり軸受、すべり軸受はありますか?

ジェイテクトでは、すべり軸受は取り扱っておりません。
また、内径150mm程度の特殊環境用軸受シリーズにおきまして、カタログ記載のラインナップしていない大型のサイズになります。

>> EXSEV軸受・セラミック軸受(カタログPDFダウンロード)

お手数ですが下記お問い合わせフォームから製品詳細をご記入の上、お問い合わせいただけますでしょうか。

>> お問い合せはこちらから

アンギュラ玉軸受をナット(精密ベアリングナット)で固定する場合の締付トルクはどのくらいで締め付ければよろしいでしょうか?

工作機械用精密転がり軸受のカタログの寸法表に記載されているナット軸力になるように、締付けトルクで管理して下さい。
ナット諸元をお知らせいただければ、ジェイテクトでも計算させていただきます。

オイルシールの1962年当時の旧JIS規格の呼び番号からサイズを読み取る事は出来ませんか?

お問合せ頂ければ現在のJIS規格の呼び番号に変換することができます。
お手数ですが下記お問い合わせフォームからご連絡いただけますでしょうか。

>> お問い合せはこちらから

総玉型セラミック軸受の適応環境がクリーン環境に該当しないのはなぜでしょうか?

クリーン性が必要な場合、潤滑剤には、高分子系の固体潤滑剤または、フッ素系グリスを使用します。
総玉セラミック軸受は超高温800℃使用を想定している為、保持器や潤滑剤が無いタイプになっています。
このため、個体潤滑剤およびフッ素系グリスを使用した軸受よりもクリーン性能が劣るためです。

技術資料に記載のある型式がカタログに掲載されていません。

軸受型式が変更・廃盤されてしまった、もしくは特殊仕様の型式の可能性があります。
お手数ですが下記お問い合わせフォームから製品詳細をご記入の上、お問い合わせいただけますでしょうか。
推奨仕様を検討して回答いたします。

>> EXSEV軸受・セラミック軸受(カタログPDFダウンロード)

>> お問い合せはこちらから

Koyoベアリングはどこで製造されていますか?

ジェイテクトはグローバルに生産拠点を展開しています。
ベアリングについては、日本に5ヵ所、アジア・オセアニアに9ヵ所、ヨーロッパに4ヵ所、そして、アメリカに8ヵ所の生産工場があります。
(2017年9月現在)

カタログダウンロードはどこからできますか?

カタログは以下のページからPDF版をダウンロードいただけます。

>> カタログ一覧

深溝玉軸受(ボールベアリング)とはどんなベアリングですか?

転がり軸受の中でも広い寸法範囲を持つベアリングであり、最も多く使用されている形式のベアリングです。
ラジアル荷重と両方向のある程度のアキシアル荷重を同時に受けることができます。

深溝玉軸受(ボールベアリング)について詳しくはこちらもご覧ください。

ジェイテクトの深溝玉軸受の種類について教えてください。

大きく分けて、「単列深溝玉軸受」「ミニアチュア小径玉軸受」「複列深溝玉軸受」の3種類があります。

詳細は『転がり軸受 総合カタログ』を確認下さい。

『転がり軸受 総合カタログ』は以下のPDFリンクからダウンロードいただけます。

>> その他のカタログダウンロードはこちらから

ジェイテクトの深溝玉軸受の呼び番号(型番)について教えてください。

JIS規格に準拠しています。
詳しくは『転がり軸受 総合カタログ』のA54ページを参照して下さい。

深溝玉軸受はどのような点が他のベアリングより優れていますか?

ラジアル荷重と両方向の小さいアキシアル荷重を受けることが出来ます。
ころ軸受と比較し回転トルクが小さく、転がり軸受の中でもっとも代表的な形式のため入手性に優れています。

深溝玉軸受はどのような点が他のベアリングより劣っていますか?

大きなアキシアル荷重を受けられません。
また、ころ軸受と比較し大きなラジアル荷重を受けられません。

ジェイテクトの深溝玉軸受のサイズはどれくらいですか?

基本はカタログサイズですが、要求/需要に応じてより小型(内径約0.8mm)、大型(外径約1800mm)も生産可能です。
詳細については以下リンクのお問い合わせフォームからお問合せ下さい。

>> お問い合わせはこちらから

ジェイテクトの深溝玉軸受の材質はどのようなものがありますか?

基本はJIS規定されている高炭素クロム軸受鋼になります。
詳しくは『転がり軸受総合カタログ』のA130ページを参照ください。

用途・仕様によって異なる材料や処理を行うことが可能な場合がありますので、お問い合わせください。

ジェイテクトの深溝玉軸受の適用範囲を教えてください。

使用条件(荷重、潤滑等)によりますので、詳細については以下リンクのお問い合わせフォームからお問合せ下さい。

>> お問い合わせはこちらから

詳しい条件がお分かりの方はWEB上の技術計算ツールで、簡易な選定が可能ですのでご活用ください。

>> 技術計算ツール

ジェイテクトの深溝玉軸受の精度を教えてください。

JIS 0級が標準となっております。
また、特殊精度の対応が可能な場合がありますので御相談ください。

>> お問い合わせはこちらから

ジェイテクトの深溝玉軸受は他社に比べて優位性がありますか?

JIS規格に準拠するものがほとんどのため、他社製品と変わらずご利用いただけます。
また、使用条件等に合わせて最適な軸受を選定いたしますので、お問合せ下さい。

>> お問い合わせはこちらから

アンギュラ玉軸受(アンギュラボールベアリング)とはどんなベアリングですか?

接触角を持つアンギュラ玉軸受は、高精度・高速回転を必要とする用途に適し、合成荷重を受けることができるベアリングです。

アンギュラ玉軸受(アンギュラボールベアリング)について詳しくはこちらもご覧ください。

ジェイテクトのアンギュラ玉軸受の種類について教えてください。

大きく分けて、「単列アンギュラ玉軸受」「組み合わせアンギュラ玉軸受」「複列アンギュラ玉軸受」「4点接触玉軸受」の4種類があります。

詳細は『転がり軸受 総合カタログ』を確認下さい。

『転がり軸受 総合カタログ』は以下のPDFリンクからダウンロードいただけます。

>> その他のカタログダウンロードはこちらから

ジェイテクトのアンギュラ玉軸受の呼び番号(型番)について教えてください。

JIS規格に準拠しています。
詳しくは『転がり軸受 総合カタログ』のA54ページを参照して下さい。

アンギュラ玉軸受はどのような点が他のベアリングより優れていますか?

深溝玉軸受と比べて、大きなアキシアル荷重を支えることができます。
接触角は15°、30°、40°を標準としており、接触角が小さいほど高速回転に適し、大きいほどアキシアル負荷能力が増します。

アンギュラ玉軸受はどのような点が他のベアリングより劣っていますか?

深溝玉軸受は両方向からのアキシアル荷重を負荷できますが、アンギュラ玉軸受は一方向からのアキシアル荷重しか負荷することが出来ません。

ジェイテクトのアンギュラ玉軸受のサイズはどれくらいですか?

基本はカタログサイズですが、要求/需要に応じてより様々なサイズを生産可能です。
詳細については以下リンクのお問い合わせフォームからお問合せ下さい。

>> お問い合わせはこちらから

ジェイテクトのアンギュラ玉軸受の材質はどのようなものがありますか?

基本はJIS規定されている高炭素クロム軸受鋼になります。
詳しくは『転がり軸受総合カタログ』のA130ページを参照ください。

用途・仕様によって異なる材料や処理を行うことが可能な場合がありますので、お問い合わせください。

ジェイテクトのアンギュラ玉軸受の適用範囲を教えてください。

使用条件(荷重、潤滑等)によりますので、詳細については以下リンクのお問い合わせフォームからお問合せ下さい。

>> お問い合わせはこちらから

詳しい条件がお分かりの方はWEB上の技術計算ツールで、簡易な選定が可能ですのでご活用ください。

>> 技術計算ツール

ジェイテクトのアンギュラ玉軸受の精度を教えてください。

JIS 0級が標準ですが、JIS P6、P5、P4、P2級も生産しております。
また、特殊精度の対応が可能な場合がありますので御相談ください。

>> お問い合わせはこちらから

ジェイテクトのアンギュラ玉軸受は他社に比べて優位性がありますか?

JIS規格に準拠するものがほとんどのため、他社製品と変わらずご利用いただけます。
また、使用条件等に合わせて最適な軸受を選定いたしますので、お問合せ下さい。

>> お問い合わせはこちらから

スラスト玉軸受(スラストボールベアリング)とはどんなベアリングですか?

ラジアル負荷能力がほとんど無いですが、高いアキシアル荷重を支持できるベアリングです。

スラスト玉軸受(スラストボールベアリング)について詳しくはこちらもご覧ください。

ジェイテクトのスラスト玉軸受の種類について教えてください。

スラスト玉軸受は単式と複式の2種類があります。
単式は一方向のアキシアル荷重を受けることができます。
複式は両方向のアキシアル荷重を受けることができます。

詳細は『転がり軸受 総合カタログ』を確認下さい。

『転がり軸受 総合カタログ』は以下のPDFリンクからダウンロードいただけます。

>> その他のカタログダウンロードはこちらから

ジェイテクトのスラスト玉軸受の呼び番号(型番)について教えてください。

JIS規格に準拠しています。
詳しくは『転がり軸受 総合カタログ』のA54ページを参照して下さい。

スラスト玉軸受はどのような点が他のベアリングより優れていますか?

一般的なラジアル軸受に比べ、高いアキシアル荷重の負荷能力を有します。

スラスト玉軸受はどのような点が他のベアリングより劣っていますか?

ラジアル荷重の負荷能力がほとんどありません。
また、高速回転には不向きなベアリングになります。

ジェイテクトのスラスト玉軸受のサイズはどれくらいですか?

基本はカタログサイズですが、要求/需要に応じてより様々なサイズを生産可能です。
詳細については以下リンクのお問い合わせフォームからお問合せ下さい。

>> お問い合わせはこちらから

ジェイテクトのスラスト玉軸受の材質はどのようなものがありますか?

基本はJIS規定されている高炭素クロム軸受鋼になります。
詳しくは『転がり軸受総合カタログ』のA130ページを参照ください。

用途・仕様によって異なる材料や処理を行うことが可能な場合がありますので、お問い合わせください。

ジェイテクトのスラスト玉軸受の適用範囲を教えてください。

使用条件(荷重、潤滑等)によりますので、詳細については以下リンクのお問い合わせフォームからお問合せ下さい。

>> お問い合わせはこちらから

詳しい条件がお分かりの方はWEB上の技術計算ツールで、簡易な選定が可能ですのでご活用ください。

>> 技術計算ツール

ジェイテクトのスラスト玉軸受の精度を教えてください。

JIS 0級が標準となっております。
また、特殊精度の対応が可能な場合がありますので御相談ください。

>> お問い合わせはこちらから

ジェイテクトのスラスト玉軸受は他社に比べて優位性がありますか?

JIS規格に準拠するものがほとんどのため、他社製品と変わらずご利用いただけます。
また、使用条件等に合わせて最適な軸受を選定いたしますので、お問合せ下さい。

>> お問い合わせはこちらから

自動調心玉軸受(スフェリカルボールベアリング)とはどんなベアリングですか?

外輪の軌道が球面になっており、その曲率中心が軸受中心と一致しているため、内輪・玉・保持器が外輪に対してある程度傾いても回転することができる(自動調心性がある)ベアリングです。

自動調心玉軸受(スフェリカルボールベアリング)について詳しくはこちらもご覧ください。

ジェイテクトの自動調心玉軸受の種類について教えてください。

開放形の製品には『円筒穴』『テーパー穴』それぞれに対応したものがあります。
『シール付き』
『内輪幅広形』
『アダプタ付き』
などの製品があります。
詳細は『転がり軸受 総合カタログ』を確認下さい。

『転がり軸受 総合カタログ』は以下のPDFリンクからダウンロードいただけます。

>> その他のカタログダウンロードはこちらから

ジェイテクトの自動調心玉軸受の呼び番号(型番)について教えてください。

JIS規格に準拠しています。
詳しくは『転がり軸受 総合カタログ』のA54ページを参照して下さい。

自動調心玉軸受はどのような点が他のベアリングより優れていますか?

自動調心性があるため、軸とハウジングの心ちがいや、軸のたわみなどが生じやすい用途に適しています。

ジェイテクトの自動調心玉軸受のサイズはどれくらいですか?

基本はカタログサイズですが、要求/需要に応じてより様々なサイズを生産可能です。
詳細については以下リンクのお問い合わせフォームからお問合せ下さい。

>> お問い合わせはこちらから

ジェイテクトの自動調心玉軸受の材質はどのようなものがありますか?

基本はJIS規定されている高炭素クロム軸受鋼になります。
詳しくは『転がり軸受総合カタログ』のA130ページを参照ください。

用途・仕様によって異なる材料や処理を行うことが可能な場合がありますので、お問い合わせください。

ジェイテクトの自動調心玉軸受の適用範囲を教えてください。

使用条件(荷重、潤滑等)によりますので、詳細については以下リンクのお問い合わせフォームからお問合せ下さい。

>> お問い合わせはこちらから

詳しい条件がお分かりの方はWEB上の技術計算ツールで、簡易な選定が可能ですのでご活用ください。

>> 技術計算ツール

ジェイテクトの自動調心玉軸受の精度を教えてください。

JIS 0級が標準となっております。
また、特殊精度の対応が可能な場合がありますので御相談ください。

>> お問い合わせはこちらから

ジェイテクトの自動調心玉軸受は他社に比べて優位性がありますか?

JIS規格に準拠するものがほとんどのため、他社製品と変わらずご利用いただけます。
また、使用条件等に合わせて最適な軸受を選定いたしますので、お問合せ下さい。

>> お問い合わせはこちらから

円すいころ軸受(テーパーローラーベアリング)とはどんなベアリングですか?

円すいころ軸受は、その名前が示す通り円すい形のころを使用するベアリングです。
内輪・外輪の軌道面と、ころの円すい面の頂点が軸受の中心線上の一点で交わるように、設計されており重荷重や衝撃荷重がかかる用途に適した軸受です。
ラジアル荷重と一方向のアキシアル荷重を支持することが出来ます。
また、ラジアル荷重が負荷されると軸方向分力が生じるので2個以上を組合わせて使用します。

円すいころ軸受(テーパーローラーベアリング)について詳しくはこちらもご覧ください。

ジェイテクトの円すいころ軸受の種類について教えてください。

「単列円すいころ軸受」、「複列円すいころ軸受」共にメートル系列とインチ系列があります。
また、「複列円すいころ軸受」には、一個の複列外輪と、2個の単列内輪を持つ外向き(TDO形)と、2個と単列外輪と一個の複列内輪をもつ内向き(TDI形)とがあり、ラジアル荷重と両方向のアキシアル荷重を負荷できるベアリングです。
詳細は『転がり軸受 総合カタログ』を確認下さい。

『転がり軸受 総合カタログ』は以下のPDFリンクからダウンロードいただけます。

>> その他のカタログダウンロードはこちらから

ジェイテクトの円すいころ軸受の呼び番号(型番)について教えてください。

JIS規格に準拠しています。
詳しくは『転がり軸受 総合カタログ』のA54ページを参照して下さい。

円すいころ軸受はどのような点が他のベアリングより優れていますか?

ラジアル荷重と一方向のアキシアル荷重を同時に負荷でき、重荷重や衝撃荷重がかかる用途に適したベアリングです。

ジェイテクトの円すいころ軸受のサイズはどれくらいですか?

基本はカタログサイズですが、要求/需要に応じてより様々なサイズを生産可能です。
詳細については以下リンクのお問い合わせフォームからお問合せ下さい。

>> お問い合わせはこちらから

ジェイテクトの円すいころ軸受の材質はどのようなものがありますか?

基本はJIS規定されている高炭素クロム軸受鋼になります。
詳しくは『転がり軸受総合カタログ』のA130ページを参照ください。

用途・仕様によって異なる材料や処理を行うことが可能な場合がありますので、お問い合わせください。

ジェイテクトの円すいころ軸受の適用範囲を教えてください。

使用条件(荷重、潤滑等)によりますので、詳細については以下リンクのお問い合わせフォームからお問合せ下さい。

>> お問い合わせはこちらから

詳しい条件がお分かりの方はWEB上の技術計算ツールで、簡易な選定が可能ですのでご活用ください。

>> 技術計算ツール

ジェイテクトの円すいころ軸受の精度を教えてください。

JIS 0級が標準となっております。
また、特殊精度の対応が可能な場合がありますので御相談ください。

>> お問い合わせはこちらから

ジェイテクトの円すいころ軸受は他社に比べて優位性がありますか?

JIS規格に準拠するものがほとんどのため、他社製品と変わらずご利用いただけます。
また、使用条件等に合わせて最適な軸受を選定いたしますので、お問合せ下さい。

>> お問い合わせはこちらから

円筒ころ軸受(シリンドリカルローラーベアリング)とはどんなベアリングですか?

円筒ころ軸受はころと軌道が線接触をしているのでラジアル負荷能力が大きく、重荷重・衝撃荷重に適するベアリングです。
また、種類によってはある程度のアキシアル荷重を負荷可能です。

円筒ころ軸受(シリンドリカルローラーベアリング)について詳しくはこちらもご覧ください。

ジェイテクトの円筒ころ軸受の種類について教えてください。

ラジアル荷重支持タイプとは大きく分けて、「単列円筒ころ軸受」「複列円筒ころ軸受」があります。また、アキシアル荷重支持タイプとしてスラスト円筒ころ軸受もあります。
詳細は『転がり軸受 総合カタログ』を確認下さい。

『転がり軸受 総合カタログ』は以下のPDFリンクからダウンロードいただけます。

>> その他のカタログダウンロードはこちらから

ジェイテクトの円筒ころ軸受の呼び番号(型番)について教えてください。

JIS規格に準拠しています。
詳しくは『転がり軸受 総合カタログ』のA54ページを参照して下さい。

円筒ころ軸受はどのような点が他のベアリングより優れていますか?

円筒ころ軸受はラジアル荷重に対する剛性が高いので、工作機械の主軸などに多く用いられます。
内輪又は外輪が分離形であるため、取り付け取り外しが容易です。

複列円筒ころ軸受はラジアル荷重に対する剛性が高いので、工作機械の主軸などに多く用いられます。
なお、JTEKTの工作機械用円筒ころ軸受はdmn300万(PCD×回転速度)で世界最速回転可能です。

ジェイテクトの円筒ころ軸受のサイズはどれくらいですか?

基本はカタログサイズですが、要求/需要に応じてより様々なサイズを生産可能です。
詳細については以下リンクのお問い合わせフォームからお問合せ下さい。

>> お問い合わせはこちらから

ジェイテクトの円筒ころ軸受の材質はどのようなものがありますか?

基本はJIS規定されている高炭素クロム軸受鋼になります。
詳しくは『転がり軸受総合カタログ』のA130ページを参照ください。

用途・仕様によって異なる材料や処理を行うことが可能な場合がありますので、お問い合わせください。

ジェイテクトの円筒ころ軸受の適用範囲を教えてください。

使用条件(荷重、潤滑等)によりますので、詳細については以下リンクのお問い合わせフォームからお問合せ下さい。

>> お問い合わせはこちらから

詳しい条件がお分かりの方はWEB上の技術計算ツールで、簡易な選定が可能ですのでご活用ください。

>> 技術計算ツール

ジェイテクトの円筒ころ軸受の精度を教えてください。

JIS 0級が標準ですが、JISP6、P5、P4級も生産しております。
また、特殊精度の対応が可能な場合がありますので御相談ください。

>> お問い合わせはこちらから

ジェイテクトの円筒ころ軸受は他社に比べて優位性がありますか?

JIS規格に準拠するものがほとんどのため、他社製品と変わらずご利用いただけます。
また、使用条件等に合わせて最適な軸受を選定いたしますので、お問合せ下さい。

>> お問い合わせはこちらから

針状ころ軸受(ニードルローラーベアリング)とはどんなベアリングですか?

針状ころ軸受は、その断面高さが小さいことから、機械全体の軽量・コンパクト化に役立ち、自動車・二輪車をはじめ電気機械・工作機械・航空中機器・事務用機器その他一般産業機械など広い範囲で用いられているベアリングです。

針状ころ軸受(ニードルローラーベアリング)について詳しくはこちらもご覧ください。

ジェイテクトの針状ころ軸受の種類について教えてください

「保持器付き針状ころ」「シェル形針状ころ軸受」「ソリッド形針状ころ軸受」「スラスト針状ころ軸受」「内輪」があります。
これらは、メートル系とインチ系がそれぞれ存在します。
その他「スラスト円筒ころ軸受」「コンバインド針状ころ軸受」「小型一方クラッチ」があります。

詳細は『転がり軸受 総合カタログ』、または『ニードルローラーベアリング』専用カタログをご参照ください。

『転がり軸受 総合カタログ』は以下のPDFリンクからダウンロードいただけます。

『ニードルローラーベアリング』専用カタログは以下のPDFリンクからダウンロードいただけます。

>> その他のカタログダウンロードはこちらから

ジェイテクトの針状ころ軸受の呼び番号(型番)について教えてください。

JIS規格に準拠しています。
詳しくは『転がり軸受 総合カタログ』のA54ページを参照して下さい。

針状ころ軸受はどのような点が他のベアリングより優れていますか?

一般の軸受にくらべ、小さなスペースで大きい定格荷重を持ち、剛性も高い。ころ径が小さく、数多くのころを組み込めるので揺動荷重のかかる用途にも有利になります。

その他、針状ころを用いた応用製品には、各種機械装置のカム機構や直線運動部のガイドローラ用として用いられるスタッド形トラックローラ(カムフォロア)、ヨーク形トラックローラ(ローラフォロア)があります。
これらのトラックローラは一般の軸受と異なる定格荷重で許容負荷荷重を検討しますので、詳しくはジェイテクトまでお問い合わせください。

>> お問い合わせはこちらから

ジェイテクトの針状ころ軸受のサイズはどれくらいですか?

基本はカタログサイズですが、要求/需要に応じてより様々なサイズを生産可能です。
詳細については以下リンクのお問い合わせフォームからお問合せ下さい。

>> お問い合わせはこちらから

ジェイテクトの針状ころ軸受の材質はどのようなものがありますか?

基本はJIS規定されている高炭素クロム軸受鋼になります。
詳しくは『転がり軸受総合カタログ』のA130ページを参照ください。

用途・仕様によって異なる材料や処理を行うことが可能な場合がありますので、お問い合わせください。

ジェイテクトの針状ころ軸受の適用範囲を教えてください。

使用条件(荷重、潤滑等)によりますので、詳細については以下リンクのお問い合わせフォームからお問合せ下さい。

>> お問い合わせはこちらから

詳しい条件がお分かりの方はWEB上の技術計算ツールで、簡易な選定が可能ですのでご活用ください。

>> 技術計算ツール

ジェイテクトの針状ころ軸受の精度を教えてください。

JIS 0級が標準となっております。
また、特殊精度の対応が可能な場合がありますので御相談ください。

>> お問い合わせはこちらから

ジェイテクトの針状ころ軸受は他社に比べて優位性がありますか?

JIS規格に準拠するものがほとんどのため、他社製品と変わらずご利用いただけます。
また、使用条件等に合わせて最適な軸受を選定いたしますので、お問合せ下さい。

>> お問い合わせはこちらから

自動調心ころ軸受(スフェリカルローラーベアリング)とはどんなベアリングですか?

定格荷重が大きく、自動調心性をもち、低・中速で重荷重・衝撃荷重のかかる用途に適したベアリングです。 にしては如何ですか?

自動調心ころ軸受(スフェリカルローラーベアリング)について詳しくはこちらもご覧ください。

ジェイテクトの自動調心ころ軸受の種類について教えてください。

自動調心ころ軸受には、内部構造の違いによりR(RR)、RZ、RHAの3タイプがあります。

また、それぞれに内径円筒穴とテーパ穴とがあり、テーパ穴の軸受にアダプタ又は取外しスリーブを付けて使用すると、取付け・取外しが容易になります。

詳細は『転がり軸受 総合カタログ』を確認下さい。

『転がり軸受 総合カタログ』は以下のPDFリンクからダウンロードいただけます。

>> その他のカタログダウンロードはこちらから

ジェイテクトの自動調心ころ軸受の呼び番号(型番)について教えてください。

JIS規格に準拠しています。
詳しくは『転がり軸受 総合カタログ』のA54ページを参照して下さい。

自動調心ころ軸受はどのような点が他のベアリングより優れていますか?

自動調心性があるため、軸及びハウジングのたわみや芯ちがいに対して有利です。
また、ラジアル荷重及び両方向のアキシアル荷重を負荷でき、特にラジアル負荷能力が高いベアリングです。

自動調心ころ軸受はどのような点が他のベアリングより劣っていますか?

高速回転には不向きです。
また、アキシアル荷重が大きくなると、ころのすべりが発生しスミアリングが発生する恐れがあります。

ジェイテクトの自動調心ころ軸受のサイズはどれくらいですか?

基本はカタログサイズですが、要求/需要に応じてより様々なサイズを生産可能です。
詳細については以下リンクのお問い合わせフォームからお問合せ下さい。

>> お問い合わせはこちらから

ジェイテクトの自動調心ころ軸受の材質はどのようなものがありますか?

基本はJIS規定されている高炭素クロム軸受鋼になります。
詳しくは『転がり軸受総合カタログ』のA130ページを参照ください。

用途・仕様によって異なる材料や処理を行うことが可能な場合がありますので、お問い合わせください。

ジェイテクトの自動調心ころ軸受の適用範囲を教えてください。

使用条件(荷重、潤滑等)によりますので、詳細については以下リンクのお問い合わせフォームからお問合せ下さい。

>> お問い合わせはこちらから

詳しい条件がお分かりの方はWEB上の技術計算ツールで、簡易な選定が可能ですのでご活用ください。

>> 技術計算ツール

ジェイテクトの自動調心ころ軸受の精度を教えてください。

JIS 0級が標準となっております。
また、特殊精度の対応が可能な場合がありますので御相談ください。

>> お問い合わせはこちらから

ジェイテクトの自動調心ころ軸受は他社に比べて優位性がありますか?

JIS規格に準拠するものがほとんどのため、他社製品と変わらずご利用いただけます。

また、従来の自動調心ころ軸受をさらに進化させ「高速化」「アキシアル荷重性能」「長寿命化」「高温化対応」を実現したRZタイプも標準化しています。

使用条件等に合わせて最適な軸受を選定いたしますので、お問合せ下さい。

>> お問い合わせはこちらから

製品の納期はどれくらいになりますか?

製品の在庫状況によります。お近くの販売代理店にお問い合わせください。

>> 販売店の検索はこちらから

製品の価格はどれくらいになりますか?

ロット数などによります。お近くの販売代理店にお問い合わせください。

>> 販売店の検索はこちらから

EXSEV(エクゼブ)シリーズ、または特殊環境軸受シリーズとはなんですか?

EXSEV (エクゼブ)シリーズは、従来型の軸受をそのまま使用することが困難な、また製造工程において製品の品質に影響を及ぼすような用途に対応する軸受シリーズです。

クリーン、真空、高温、腐食といった特殊環境に対応したり、非磁性、絶縁、高速などの特殊性能を実現するために特別な材料と潤滑剤で構成した軸受です。

EXSEV 軸受シリーズをその構成部品の材料から分類するとセラミック軸受と特殊鋼軸受に分けられます。

特殊環境用玉軸受(EXSEVシリーズ)について詳しくはこちらもご覧ください。

EXSEVシリーズのセラミック軸受とはどのようなベアリングですか?

セラミックスを用いたセラミック軸受は、高い耐熱性、高耐食性、軽量、非磁性、絶縁体など一般軸受にはない、または優れた物性を有していますので、従来とは違った新しい用途に用いることができます。

高い耐熱性は高温下において、高耐食性は腐食環境化において転がり軸受の使用を可能にします。また、軽量であることは軸受の転動体(玉または、ころ)の遠心力を低減しますので、機器の高速化に効果を発揮します。

セラミック軸受にはどんな材料がありますか?

セラミックス材料としては、当社では窒化けい素を標準としており、他に耐食窒化けい素、炭化けい素もシリーズ化しております。また他のセラミックス材料での軸受をご要望の際はJTEKTまでお問合せください。

>> お問い合わせはこちらから

EXSEVシリーズの特殊鋼軸受とはどのようなベアリングですか?

特殊な用途・環境に適応するために通常の軸受鋼とは異なる材料で作成されたベアリングです。

特殊鋼は用途によって異なり、主に「真空・クリーン環境用」「腐食環境用」「高温環境用」「非磁性用」などでそれぞれに最適なものを使用します。
詳しくはカタログをご参照ください。

真空・クリーン環境用特殊鋼軸受とはどのようなベアリングですか?

一般軸受の軌道輪・転動体には転がり疲れに強い高炭素クロム軸受鋼(JIS SUJ2)を用いますが、耐食性に乏しくさび止め油を塗布するなどの方法で発せいを防止しなければなりません。

軸受に塗布したさび止め油は真空・クリーンなどの環境では環境汚染の原因となり好ましくありません。

よってEXSEV 軸受ではクリーン環境で用いる軸受には耐食性に優れたマルテンサイト系ステンレス鋼(JIS SUS440C)を標準材料にしています。

腐食環境用特殊鋼軸受とはどのようなベアリングですか?

SUS440C の耐食性では十分でない腐食環境で用いる場合は、高硬度高耐食ステンレス鋼(コロガードプロ)、または析出硬化系ステンレス鋼(JIS SUS630)を使用します。

ただしSUS630 は、硬さが40HRC 程度ですので耐荷重性、転がり疲れ強さなどは他の材料に比べ劣ります。

高温環境用特殊鋼軸受とはどのようなベアリングですか?

SUS440C は300℃の高温においても55HRC 程度の硬さを有していますので、300℃程度まで用いることができます。

300℃を超える高温環境においては、高速度工具鋼(JIS SKH4、AISI M50など)を用います。

各種材料の高温硬さをはカタログをご参照ください。

EXSEVシリーズの潤滑剤はどのようなものですか?

軸受にとって潤滑はその性能を左右する重要な問題で、潤滑によって軸受の寿命が決まるといっても過言ではありません。EXSEV 軸受に用いる潤滑剤はグリースと固体潤滑剤に分けられます。

グリース潤滑は固体潤滑に比べ、軸受の高速性、耐荷重性、寿命などに優れています。このため、軸受の潤滑剤としてはできるだけグリースを用いることをお勧めします。

超高真空・高温・クリーンといった環境ではグリースを用いることができない場合があります。またそれ以外の環境においてもグリースからの油分蒸発が嫌われる場合には固体潤滑剤を用います。

詳しくはカタログをご参照ください。

EXSEVシリーズの高温・真空・クリーン環境向けのグリースとはどのようなものですか?

高温で用いることができるグリースとして基油にパーフルオロポリエーテル(PFPE)、増ちょう剤にポリテトラフルオロエチレン(PTFE)を用いたふっ素グリースが知られています。

ふっ素グリースは蒸気圧特性が低いので室温であれば10-5Pa程度の真空環境まで使用することができます。さらに低発じんといった特性も備えていますので、クリーン環境にも適します。

これらの優れた特性を有することから、EXSEV 軸受はふっ素グリースを標準にしています。

EXSEVシリーズの高真空環境向けのグリースとはどのようなものですか?

ふっ素グリースは、基油のアセタール結合の有無と側鎖の有無により分類できます。

ふっ素グリースを真空中で用いる場合、これらの分子構造の違いによって分子鎖が切断されて分解し、真空中での放出ガス量に差が生じるため注意が必要です。

EXSEVシリーズの個体潤滑材とはどのようなものですか?

油やグリースが使用できない環境では軸受の潤滑に固体潤滑剤を用います。

固体潤滑剤には大きく分けて軟質金属系、層状結晶構造物質および高分子系の3 種類があります。

各潤滑剤がどの用途に使わるのかは、カタログをご参照ください。

EXSEVシリーズの軟質金属系個体潤滑材とはどのようなものですか?

銀(Ag)や鉛(Pb)などの軟質金属系は、軸受の転動体にイオンプレーティング法でコーティングして用います。

これらは、おもに軸受からの放出ガスが問題となる超高真空中の潤滑剤として適しています。

なお、銀は大気中では酸化しやすく耐久性が急激に低下するので取扱いに注意が必要です。また鉛は環境負荷の問題があり、あまり使用されません。

EXSEVシリーズの層状結晶構造物質個体潤滑材とはどのようなものですか?

二硫化モリブデンや二硫化タングステンなどの層状結晶構造物質は、保持器や軌道輪にスパッタリング法や焼付け法でコーティングしたり保持器やセパレータの複合材料として用います。

これらは耐熱性や耐荷重性などで高分子系よりも優れていますので、高温用途や耐荷重性を必要とする場合に用います。

なお、層状結晶構造物質は発じん量が多いためクリーン環境には適しません。

EXSEVシリーズの高分子系個体潤滑材とはどのようなものですか?

高分子系は、保持器や軌道輪にコーティングしたり直接保持器材料として使用します。

これらはクリーン性が必要な用途や腐食環境で使用する場合に適しています。また雰囲気依存性が低いので、大気と真空を繰り返す用途の潤滑剤としても適しています。

クリーンプロベアリング(標準タイプ)(PR)とはどんなベアリングですか?

ジェイテクトの特殊環境用玉軸受EXSEVシリーズの一つで、クリーン環境に適した製品です。

軸受の全面に特殊ふっ素高分子被膜(膜厚:サブミクロン)を形成し、それにより潤滑させる完全固体潤滑のベアリングです。

クリーンプロベアリング(標準タイプ)(PR)は主にどのような環境・用途で使用されますか?

軸受からの発塵、グリースの飛散、アウトガスなどが環境に影響を与えるクリーン性能が要求される製造工程・環境でご活用いただけます。

主に半導体、液晶基板、HD(ハードディスク)などの製造装置(特に露光装置)を想定しています。

クリーンプロベアリング(標準タイプ)(PR)はどのような点が他のベアリングより優れていますか?

通常の軸受に比べて、クリーン性能や、アウトガス性能が優れたベアリングになります。

クリーンプロベアリング(標準タイプ)(PR)はどのような点が他のベアリングより劣っていますか?

固体潤滑ゆえ耐久性や耐荷重性がグリース潤滑などに比べ劣るという課題があります。

このため開発されたのが、クリーンプロPRZベアリングです。

クリーンプロベアリング(標準タイプ)(PR)のサイズはどれくらいですか?

転がり軸受、直動軸受にて製品化しています。

軸受:外径150mm 以下。

リニア玉軸受:軸径60mm 以下。

リニアウェイ:レール長420mm 以下。
※420mm 以上のサイズについては別途検討が必要となるためご相談ください。

となります。

>> お問い合わせはこちらから

クリーンプロベアリング(標準タイプ)(PR)の材質はどのようなものがありますか?

内輪,外輪,玉はマルテンサイト系ステンレス鋼を使用しており、保持器,シールドはオーステナイト系ステンレス鋼を使用しています。

クリーンプロベアリング(標準タイプ)(PR)の適用範囲を教えてください。

目安としてカタログ上の仕様は
・圧 力 :大気~10-5Pa
・温 度 :-100~200℃
・許容回転速度:dn=10,000 以下、但し1,000min-1 を超えないこと
・推奨荷重 :P(動等価荷重)=3% Cr 以下

としています。
上記以外の環境でご使用される場合は一度ご相談ください。

>> お問い合わせはこちらから

クリーンプロベアリング(標準タイプ)(PR)の精度を教えてください。

JIS 0級が標準となります。

クリーンプロベアリング(標準タイプ)(PR)のクリーン性能の指標はありますか?

クラス10(JIS/ISO クラス4 相当)に対応しています。
旧FED 規格<FED-STD-209D>

詳しくはカタログを参照ください。

クリーンプロベアリング(標準タイプ)(PR)のクリーン性能の指標はありますか?

クラス10(JIS/ISO クラス4 相当)に対応しています。
旧FED 規格<FED-STD-209D>

詳しくはカタログを参照ください。

クリーンプロベアリング(標準タイプ)(PR)と他クリープロベアリングシリーズとの違いはなんですか?

クリーンプロPRZベアリングは転がり面をゲル状のふっ素高分子被膜でコーティングしたベアリングで、本製品より高いクリーン性能と長寿命化を実現した製品です。

高温クリーンプロベアリング(PRB)は本製品に比べ温度的なアドバンテージあるため製品です。

高温クリーンプロベアリング (PRB)とはどんなベアリングですか?

ジェイテクトの特殊環境用玉軸受EXSEVシリーズの一つで、クリーン環境に適した製品で耐熱性の高い製品です。

玉と軌道面に特殊ふっ素高分子被膜を形成して潤滑させる固体潤滑のベアリングです。

高温クリーンプロベアリング (PRB)は主にどのような環境・用途で使用されますか?

軸受からの発塵、グリースの飛散、アウトガスなどが環境に影響を与えるクリーン性能が要求される製造工程・環境で260℃の高温までご活用いただけます。

主に半導体、液晶基板、HD(ハードディスク)などの製造装置(特に露光装置)を想定しています。

高温クリーンプロベアリング (PRB)はどのような点が他のベアリングより優れていますか?

高温クリーンプロベアリングのふっ素高分子被膜は、耐熱性が高く、同系列のクリーン環境用軸受に比べて、高い温度でも発じん性能やアウトガス性能が低下しにくいことが優れている点です。

高温クリーンプロベアリング (PRB)はどのような点が他のベアリングより劣っていますか?

常温ではクリーンプロベアリング(標準タイプ)の方が高性能となります。

高温クリーンプロベアリング (PRB)のサイズはどれくらいですか?

・転がり軸受のみ製品化しています。
・軸受:外径150mm 以下。ミニチェアにも不可サイズがあります。
・直動(リニア玉軸受,リニアウェイ,クロスローラ)には非対応です。

上記以外のサイズについては、別途検討が必要となるためご相談ください。

>> お問い合わせはこちらから

高温クリーンプロベアリング (PRB)の材質はどのようなものがありますか?

内輪,外輪,玉はマルテンサイト系ステンレス鋼を使用しており、保持器,シールドはオーステナイト系ステンレス鋼を使用しています。

高温クリーンプロベアリング (PRB)の適用範囲を教えてください。

目安としてカタログ上の仕様は
・圧 力 :大気~10-5Pa
・温 度 :-100~260℃
・許容回転速度:dn=10,000 以下、但し1,000min-1 を超えないこと
・推奨荷重 :P(動等価荷重)=3% Cr 以下

としています。
上記以外の環境でご使用される場合は一度ご相談ください。

>> お問い合わせはこちらから

高温クリーンプロベアリング (PRB)の精度を教えてください。

JIS 0級が標準となります。

高温クリーンプロベアリング (PRB)のクリーン性能の指標はありますか?

クラス10(JIS/ISO クラス4 相当)に対応しています。
旧FED 規格<FED-STD-209D>

詳しくはカタログを参照ください。

高温クリーンプロベアリング (PRB)と他クリープロベアリングシリーズとの違いはなんですか?

高温クリーンプロ(PRB)は耐高温性能の製品であり200℃~260℃の環境での使用を想定します。

対して200℃以下の環境では通常のクリーンプロベアリングを使用することで、コスト面で優位性があります。

クリーンプロPRZベアリングはクリーンプロよりも高い発じん性能やアウトガス性能、ベアリング寿命が必要な場合に優位性がある製品です。

クリーンプロPRZベアリングとはどんなベアリングですか?

ジェイテクトの特殊環境用玉軸受EXSEVシリーズの一つで、クリーン環境に適した製品で、長寿命性、耐荷重性を向上させた製品です。

玉と軌道面にゲル状の特殊ふっ素高分子被膜を形成して潤滑させるベアリングです。

クリーンプロPRZベアリングの呼び番号(型番)について教えてください。

SE ○○○○ ZZST PRZ YSの形式で表されます。

SEは個体潤滑軸受であること示します。
○○○○部分は軸受基本番号です。
PRZはクリーンプロPRZコーティングが使用されていることを示します。

クリーンプロPRZベアリングは主にどのような環境・用途で使用されますか?

軸受からの発塵、グリースの飛散、アウトガスなどが環境に影響を与えるクリーン性能が要求される製造工程・環境でご活用いただけます。

主に半導体、液晶基板、HD(ハードディスク)などの製造装置(特に露光装置)を想定し、クリーンプロベアリング(標準タイプ)より耐荷重性が高く、長寿命となります。

クリーンプロPRZベアリングはどのような点が他のベアリングより優れていますか?

クリーンプロベアリング(標準タイプ)(PR)は、発塵性能,アウトガス性能は非常に優れますが、固体潤滑ゆえ耐久性や耐荷重性がグリースなどに比べ劣るという課題がありました。

このため開発されたのが、クリーンプロPRZであり、クリーン性能をクリーンプロベアリング(標準タイプ)(PR)レベル以下に抑え、かつ耐久性を向上させることに成功しています。

クリーンプロPRZベアリングはどのような点が他のベアリングより劣っていますか?

クリーンプロベアリング(標準タイプ)に比べ回転トルクが重くなります。

クリーンプロPRZベアリングのサイズはどれくらいですか?

内径Φ5(685除く)以上φ40以下(外径130まで実績あり)のものがあります。

なお上記以外のサイズは、個別に検討させていただくことが可能な場合があります。

詳しくはお問い合わせください。

>> お問い合わせはこちらから

クリーンプロPRZベアリングの材質はどのようなものがありますか?

内輪,外輪,玉はマルテンサイト系ステンレス鋼を使用しており、保持器,シールドはオーステナイト系ステンレス鋼を使用しています。

クリーンプロPRZベアリングの適用範囲を教えてください。

目安としてカタログ上の仕様は

・圧 力 :大気~10-5Pa
・温 度 :-30~200℃
・許容回転速度:dn=10,000 以下、但し1,000min-1 を超えないこと
・推奨荷重 :P(動等価荷重)=5% Cr 以下

としています。

上記以外の環境でご使用される場合は一度ご相談ください。

>> お問い合わせはこちらから

クリーンプロPRZベアリングの精度を教えてください。

JIS 0級が標準となります。

クリーンプロPRZベアリングと他クリープロベアリングシリーズとの違いはなんですか?

クリーンプロベアリング(標準タイプ)と比べ耐荷重性が向上し、長寿命となります。

クリーンプロPRZベアリングの、特殊ふっ素高分子被膜のコーティング部位はどこになりますか?

転がり面にコーティングしています。従来品であるクリーンプロベアリングPRのように全面コーティングではありません。

クリーンプロPRZベアリングのクリーン性能の指標はありますか?

クラス10(JIS/ISO クラス4 相当)に対応しています。
旧FED 規格<FED-STD-209D>

詳しくはカタログを参照ください。

クリーンプロPRZベアリングのアウトガス性能の指標はありますか?

真空度10-6Pa の高真空雰囲気に軸受を置き、軸受を加熱した時に発生するアウトガスを測定しました。

その結果、150℃まではアウトガスの発生はほとんど認められないレベルとなりました。

クリーンプロPRZベアリングの寿命(耐久性能)の指標はありますか?

従来品であるクリーンプロベアリング(PR)に比べ10 倍以上になりました。

クリーンプロPRZベアリングは液中環境で使用できますか?

液体が軸受内部に浸入する条件では使用できません。
液中での使用をご検討の場合は、別仕様の軸受(例:耐食組合せ軸受,セラ軸受等)が候補となります。

詳しくはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

>> お問い合わせはこちらから

解決しない場合

お電話、またはメールにてお気軽に
お問い合わせください。

お問い合わせはこちらから