お知らせ

ベアリングとは?~知っておきたい基本のキホン、役割について~

ベアリング(bearing)とは、どのような機械部品かご存じでしょうか?実は "機械産業のコメ"と呼ばれるほど、あらゆる機械に用いられている部品です。それほど重要な部品ですが、見えない部分で動いているため、機械関係のお仕事をしていない方には「ベアリングのことをよく知らない」という方が多いのではないでしょうか。

第1回ベアリングコラムは、知っておきたい基本中のキホン。ベアリングの役割について解説していきます。

181119_1.png

1.そもそもベアリングって?

ベアリングとは、"モノの回転を助ける部品"であり、日本語では軸受(じくうけ)と呼ばれます。その名前が示す通り、主に機械の中で回転する"軸"を支える部品です。

ベアリングが使用される機械は、たとえば自動車や航空機、発電機など。私たちの暮らしの身近なところでは、冷蔵庫や掃除機、エアコンといった家電製品にも使 用されています。

それらの機械の中で、車輪・歯車・タービン・ローターなどを取り付けた回転する"軸"を支え、よりなめらかに回転することを助けています。

このように、あらゆる機械には回転する"軸"が多くあり、必ずと言っていいほどベアリングが使用されることから、"機械産業のコメ"と呼ばれるようになりました。一見すると地味な部品だと思われるかもしれませんが、これがないと私たちの暮らしが成り立たないほど非常に重要なものなのです。

2.なぜ重要?ベアリングの役割について

機械がなめらかに動くために、ベアリングはどのような役割を果たしているのでしょうか?

次の二つの大きな役割があります。

≪役割1≫摩擦を少なくし、回転を滑らかにする

回転する"軸"と、回転を支える部分には、必ず摩擦が発生します。ベアリングは、この回転する"軸"と、回転を支える部分との間に使用されます。

ベアリングの働きによって摩擦 を少なくし、回転を滑らかにしてエネルギー消費量を少なくする。これこそが、ベアリングの最大の役割です。

≪役割2≫回転を支える部分を守り、回転する"軸"を正しい位置に保つ

回転する"軸"と、回転を支える部分との間には、大きな力がかかります。ベアリングは、この大きな力によって回転を支える部分が故障することを防ぎ、回転する"軸"を正しい位置に保つ役割を果たします。

これらの役割によって、私たちは長時間にわたって繰り返し機械を使用できるのです。

3.ベアリングはどれくらい使われているの?なかったらどうなるの?

私たちの暮らしは、いったいどれだけ多くのベアリングに支えられているのか。直接目にすることがないので、あまり想像できませんよね。ここでは私たちに身近な自動車を例にとってお話しします。

子どもの頃に、電池で走る組み立て式のレーシングカーで遊んだ経験はありませんか?車輪を支える部分に、ベアリングを組み込んだ記憶のある方も多いのではないでしょうか。

では実際の自動車では、1台あたり何個のベアリングが必要になるでしょう?

181119_2.png

図:自動車のベアリングが使われている主な箇所

①動力装置(部品)

事例:オルタネータ、ターボチャージャーなど

②操舵装置(部品)

事例:ステアリング、ポンプなど

③動力伝達装置(部品)

事例:トランスミッション、デファレンシャルギアなど

④走行装置(部品)

事例:ホイール、サスペンションなど

自動車向けベアリングについて詳しくはこちらもご参照ください。

産業分野別:自動車のページ

......正解は、約100個!
高級自動車では、なんと約150個ものベアリングが使用されています。

これらのベアリングすべてが、重要な役割を果たしているのです。

もし自動車にベアリングがなければ、

  • なめらかに回転できなくなり、多くのエネルギーを消費する
  • 回転を支える部分がすぐに故障してしまう

ということになり、自動車を安全・快適に運転することができません。

このように私たちの快適な暮らしの陰で、目に見えないたくさんのベアリングが動いているのです。

まとめ ベアリングは、私たちの暮らしを回している部品

私たちの暮らしを支えるベアリングですが、重要な部品であるがゆえに、いつの時代でも常により高い耐久性と精度が求められています。

また、機械技術の発展のためにも、より特殊で過酷な 環境でも動く、新しいベアリングの開発が今後も不可欠です。

ベアリングはこれからも進化し続け、私たちの暮らしを"回していく"でしょう。

次回のコラム

ベアリングがどのように生まれ、現在のような形になってきたのかをご存じでしょうか?

次回コラムでは、ベアリングの起源から現代までの歴史をご紹介します。

次回:第2回ベアリングコラム 『ベアリングの歴史』は12月末公開予定です。

お問い合わせはこちらから